ブラックバス釣れる.COM[TURERU.COM]

バスフィッシング歴20年の釣りヲタが初心者の方用にブラックバスの釣り方を紹介するサイトです。おすすめルアーやタックルインプレッションも紹介しています。

ペンシルベイト

      2016/04/16

ペンシルベイトとは?

ペンシルベイトの使い方と特徴についてのページです。
トップウォータルアーはペンシルベイトに限らずブラックバスが水面を意識している時に有効なルアーです。
梅雨~夏時期などに虫が水面近くを飛ぶようになると、その虫を捕食する為にベイトフィッシュが水面に集まります。
その水面に集まるベイトフィッシュや虫を捕食する為にバスが水面を意識するので、虫が飛び始めた時期の朝、夕のタイミングに有効なルアーです。

他のルアーに比べて綺麗なスライドアクションを付けるのに少しテクニックが必要なルアーでしたが 最近ではルアーの性能も良くなり、ただ巻きでもアクションしてくれる物も多くなりました。

ペンシルベイトの由来

ペンシルとは鉛筆の意味ですが、昔のペンシルベイトは今の物よりデザインがシンプルで 鉛筆の様な棒状のルアーだった為、ペンシルベイトと命名されました。

ペンシルベイトの種類

ペンシルベイトの種類はリアルな物から玩具のような物まで色や長さ等、沢山の種類がありますが、 代表的な分類として浮き姿勢があります。
それぞれ、浮き姿勢による得意とする動きがありますので代表的な3種類の浮き姿勢を紹介致します。

 ・水平に浮くペンシルベイト

水平姿勢なので区切るように竿先を「チョン」「チョン」「チョン」と動かすと、水面を滑るように移動するのが得意な浮き姿勢です。
水面に波紋を広げながら移動し広範囲を手早く狙えます。

 ・斜め浮きペンシルベイト

 水面に対してやや斜めに浮く姿勢のペンシルベイトは小刻みに移動するのが得意な浮き姿勢です。
 小魚が水面を跳ねる様な波紋でブラックバスを誘います。

 ・垂直浮きペンシルベイト

水面に対してルアーが垂直に浮く姿勢にな為、斜め浮きよりもよりタイトに移動するためポイントに対して 時間を掛けながらジックリと探るのに適しているルアーです。
以上の3種類が代表的なペンシルベイトの浮き姿勢から見た得意とするアクションなのですが、内部のウエイトやヘッド形状などの違いから 各メーカーが様々なアクションをつけれるルアーを開発しておりますので
ルアー購入時にパッケージ等を良く読みそれぞれのルアーの特徴を理解してからの購入をおすすめします。

ドッグウォークは練習が必要!?

「チョン」と竿先を動かすとルアーが右か左かどちらかに首を振ります そのままリールを巻きながら「チョン」「チョン」「チョン」とアクションを付けると左…右…左…と自然に首を左右に振ります。 この動きがドッグウォークと呼ばれるルアーの動きです。 ドッグウォークは難しいとされますがミノーのトゥイッチングの様に同じ速度・同じ角度で ロッドとリールを動かせば自然にドックウォークが出来るペンシルルアーが大半です。

ペンシルベイト小ワザ

首振りのリズムを変えてみる。

 規則的に動かすリズムの中に意図的に不規則なリズムを与えることでブラックバスに食らいつくタイミングを与えます。 ルアーを急に止める事や早く動かすなど。

シェアしていただけると助かります。

 - ルアーの使い方